【読書】内田康夫『還らざる道』

内田康夫さんの『還らざる道』を読みました。 岐阜県と愛知県の県境にある矢作ダムで、総合インテリアメーカーの会長・瀬戸一弘が殺害された。瀬戸は生前、孫の雨宮正恵に宛てて書類と壺を送付していた。 明智光秀の取材で足助を訪れた浅見は、瀬戸一弘の孫娘・雨宮正恵と出会う。 一弘の故郷である加子母を訪れた浅見と正恵は、五十年前、一弘の父・…
コメント:0

続きを読むread more