【読書】内田康夫『砂冥宮』

内田康夫さんの『砂冥宮』を読みました。 浅見が取材で訪れた横須賀にある須賀家の主人、智文が石川県の安宅の関跡で殺害された。警察は早々に強盗殺人事件だと断定するが、浅見は怨恨によるものだと考え、捜査を開始する。 石川で須賀の足取りを辿った浅見は、内灘闘争に人生を翻弄された人々と出会う。 ストーリーは紆余曲折を廃したストレ…
コメント:0

続きを読むread more