【読書】内田康夫『ぼくが探偵だった夏』

内田康夫さんの『ぼくが探偵だった夏』を読みました。 夏休みに入る一週間前、浅見少年の隣の席に本島衣理が転校してきた。衣理は、軽井沢にある浅見家の別荘の近くにある喫茶店の娘だった。 浅見と衣理、自転車屋の峰男くんの三人は、女性が行方不明になったという「妖精の森」を散策中、怪しい穴掘りの現場を目にする。そのことを警察に届けた浅見だが…
コメント:0

続きを読むread more