【読書】赤川次郎『三世代探偵団 次の扉に棲む死神』

赤川次郎さんの『三世代探偵団 次の扉に棲む死神』を読みました。

赤川次郎さんと言えば、『三姉妹探偵団』。
異論はあると思いますが、私にとっては忘れられない1冊なんです。

この『三世代探偵団』を初めて見かけたのは3年ほど前になりますが、その時は「『三姉妹』じゃないのか」と思って素通りしていました。
ところが、あっという間に「三世代探偵団シリーズ」も3冊が発行されていて、4冊目も連載中だとか。
これは読んでおかないといけないなと思い、1冊目の『三世代探偵団 次の扉に棲む死神』を手にしたわけです。

主人公は高校生の天本有里と、母で劇団員の文乃、祖母で画家の幸代の3人。
これで「三世代探偵団」というわけです。

ストーリーはいかにも赤川次郎さんらしい作品。
でも、演劇や音楽をテーマにした時の、あのキラリと光る赤川ワールドが影を潜めたように思ったのは私でしょうか。
これまで、赤川次郎さんの趣味である演劇や音楽をテーマにした時は、必ずと言って良いほど、他の作品を凌駕するような出来栄えになっていtたのですが、今回は正直言って「平凡な赤川作品」(普通に面白いって意味です)。

プロローグから期待させられただけに、ちょっと残念だったかなぁ。


三世代探偵団 次の扉に棲む死神 - 赤川 次郎
三世代探偵団 次の扉に棲む死神 - 赤川 次郎


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント