【読書】内田康夫『汚れちまった道』

内田康夫さんの『汚れちまった道』を読みました。 地元紙の萩支局に勤める奥田伸二が「ポロリ、ポロリと死んでゆく」と言い残して行方不明になった。奥田の妻から要請を受けた浅見は防府市へ飛ぶが、防府では四年前に不可解な事故と自殺が発生していた。浅見の出陣も時遅く、奥田の遺体が角島で見つかる。 さらに、浅見の学友である松田将明が殺人事件に…
コメント:0

続きを読むread more