【読書】内田康夫『北の街物語』

内田康夫さんの『北の街物語』を読みました。 浅見の高校の後輩・末次瑞恵の家が経営している銭湯を訪れた浅見は、初老の男性・倉持から、ブロンズでできた「妖精」がなくなったと相談を受ける。同じ頃、荒川の河川敷で男性の絞殺死体が見つかる。何の関係も無いような二つの事件だが、「3731」という四つの数字で繋がっていた。 タイトルが…
コメント:0

続きを読むread more