【クルマ】アウディ『A3』『S3』がフルモデルチェンジ

5/18、アウディがフルモデルチェンジした『A3』、『S3』を発売しました。

ボディタイプは、ハッチバックの「スポーツバック」と、「セダン」の2種類が用意されています。

ボディタイプは、以下の通りです。
・『A3 スポーツバック』
  全長×全幅×全高=4345×1815×1450mm。先代と比べて、全長+20mm、全幅+30mm、全高+15mm。
・『S3 スポーツバック』
  全長×全幅×全高=4350×1815×1440mm。先代と比べて、全長+25mm、全幅+30mm、全高±0。
・『A3 セダン』
  全長×全幅×全高=4495×1815×1425mm。先代と比べて、全長+30mm、全幅+20mm、全高+35mm。
・『S3 セダン』
  全長×全幅×全高=4505×1815×1415mm。先代と比べて、全長+35mm、全幅+20mm、全高+35mm。

大きくなったなという印象を受けますが、この程度であれば、さほど問題はないでしょうか。
ただ、フルモデルチェンジの度に大きくなっていくと、特に全幅は駐車スペースとの兼ね合いが気になってくるところですが。

全長が同じくらいの車と比較すると、トヨタ『カローラ スポーツ』(ハッチバック)が全長×全幅×全高=4375×1790×1460mm、トヨタ『カローラ』(セダン)が全長×全幅×全高=4495×1745×1435mmなので、いかに全幅が広いかがわかると思います。
まぁ、『カローラ』は日本の道路事情、駐車場事情に合わせて全幅を抑えている感がありますが、『マツダ3』(全幅1795mm)などと比べても、やっぱり幅広いですね。


『A3』のエンジンは、最高出力110PS、最大トルク200N・mの1L 直列3気筒ターボエンジンと、最高出力190PS、最大トルク320N・mの2L 直列4気筒ターボエンジンの2種類が用意されています。
また、『S3』には最高出力310PS、最大トルク400N・mの2L 直列4気筒ターボエンジンが搭載されています。

1L 直列3気筒ターボエンジンには、48Vマイルドハイブリッドが組み合わされるとのことですが、メーカーのWebサイトからは、そのスペックを読み取ることはできませんでした。


価格は、『A3 スポーツバック』が310万円~、『S3 スポーツバック』が642万円~、『A3 セダン』が329万円、『S3 スポーツバック』が661万円~となっています。


ミニカー 1/43 アウディ A3 I-SCALE AUDI A3 SPORTBACK 2019 ATOLL BLUE MET 5011903031
ミニカー 1/43 アウディ A3 I-SCALE AUDI A3 SPORTBACK 2019 ATOLL BLUE MET 5011903031


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント