【読書】赤川次郎『幽霊愛好会』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。 今回は『幽霊愛好会』を読みました。 永井夕子の友人・敦子は、35歳年上の会社社長・片倉泰長と結婚した。 敦子には1つだけ不安があるのだが、それは泰長が月に1度先妻の幽霊に会いに行くことだった。 夕子と、恋人で警察庁の警部である宇野が訪ねたその日、娘の亜里沙が殺害された。 …
コメント:0

続きを読むread more