【読書】赤川次郎『冠婚葬祭殺人事件』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。 今回は『冠婚葬祭殺人事件』を読みました。 礼儀作法の家元・本俵家では、2年近くにおよぶ後継者争いを経て、先代の娘・一宮美貴が跡を継ぐことになった。 その家元披露パーティーの警護を、警視庁捜査一課の大貫警部と井上刑事が担当することになった。 パーティーの最中、美貴が杉浦房夫と…
コメント:0

続きを読むread more