【読書】赤川次郎『幽霊湖畔』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。 今回は『幽霊湖畔』を読みました。 警視庁捜査一課の警部・宇野恭一と恋人で女子大生の永井夕子は、湖畔のホテルで夏休みを過ごしていた。 すると、ある朝、ボート小屋でアルバイトをしている大島和也がナイフを腹に刺した状態で浮かんでいるのが見つかった。 そこに宇野の部下の原田がやって来て…
コメント:0

続きを読むread more