【読書】内田康夫『朝日殺人事件』

内田康夫さんの『朝日殺人事件』を読みました。

目白にあるホテルの一室で不動産と金融のブローカーを営んでいる島田清二が殺害された。島田は浅見の母・雪江が善光寺詣での帰りの車内で乗り合わせた人物であったが、「アサヒのことをよろしく」と携帯電話で話していたという。
一方、浅見は『旅と歴史』の編集者・宮崎さとみから、アパートの隣室の女性が失踪した事件について相談を受ける。失踪事件は素人の出る幕ではないと、浅見が島田殺害事件を追いかけていたところ、宮崎さとみが新潟のシティホテルで殺害されてしまう。


「アサヒ」が何を指すのかを追い求める旅に始まり、じわじわと外堀を埋める地道な作業が続き、最後になってようやく浅見の口から事件の全貌が語られる。浅見光彦シリーズとしてはあまり派手さの無い、どちらかと言えば地味な作品と言えますが、ストーリーの出来栄えは良く読み応えのある作品に仕上がっていました。


朝日殺人事件 (角川文庫)
朝日殺人事件 (角川文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

"【読書】内田康夫『朝日殺人事件』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント