【読書】赤川次郎『幽霊候補生』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。

今回は『幽霊候補生』を読みました。

「幽霊シリーズ」2作目となる本作品ですが、いきなりシリーズ消滅の危機を迎えます。

警視庁捜査一課の警部宇野恭一のもとに、本シリーズのヒロイン永井夕子が、友人とドライブに行った先で湖に転落して死亡したという知らせが入ります。
しかし、殺人現場で偶然目にした写真に夕子が写っていたのを見つけた宇野は、一路長野へ駆け付けます。
そして、夕子と感動の再会!といくはずでしたが、夕子は宇野のことをまったく覚えていない様子…


今回は(も?)踏んだり蹴ったりの宇野警部。
相変わらず夕子に振り回されているなぁといった印象です。

『幽霊列車』に次いで私が好きな作品でもあります。

何度読んでも飽きない作品。
今回もまた、宇野警部と共にヒヤヒヤさせられてしまいました。


赤川次郎クラシックス 幽霊候補生 (文春文庫) - 赤川次郎
赤川次郎クラシックス 幽霊候補生 (文春文庫) - 赤川次郎


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

"【読書】赤川次郎『幽霊候補生』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント