テーマ:四字熟語殺人事件

【読書】赤川次郎『冠婚葬祭殺人事件』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。 今回は『冠婚葬祭殺人事件』を読みました。 礼儀作法の家元・本俵家では、2年近くにおよぶ後継者争いを経て、先代の娘・一宮美貴が跡を継ぐことになった。 その家元披露パーティーの警護を、警視庁捜査一課の大貫警部と井上刑事が担当することになった。 パーティーの最中、美貴が杉浦房夫と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『起承転結殺人事件』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み直し中です。 今回は『起承転結殺人事件』を読みました。 中華料理店に人質をとって立てこもった犯人は、人質と交換に刑事を寄こせと要求してきた。 要求に従って犯人のもとへ向かった井上刑事だが、犯人の様子がなんだかおかしい。 自分は事故で沈んだ遊覧船の元船長だが、あれは事故じゃないと言い残して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『東西南北殺人事件』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み直し中です。 今回は『東西南北殺人事件』を読みました。 1ヶ月分の新聞を溜め読みした警視庁の名物警部・大貫は、都内で連続殺人事件が発生していることに気づく。 毎週金曜日に東、西、南という苗字の人物が殺害されているのだ。 しかし、どの事件も手口はバラバラ。 大貫は部下の井上と共に意気揚々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『ABCD殺人事件』

赤川次郎さんの『ABCD殺人事件』を読みました。 いやぁ、タイトルからしてやられました。 この「四字熟語殺人事件シリーズ」はタイトルが「四字熟語」+“殺人事件”で構成されているのですが、今回は『ABCD殺人事件』と来ました。 “ABCD”が四字熟語なのかどうかは意見が分かれるところかも知れませんが、奇想天外な発想であることは確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『女優志願殺人事件』

赤川次郎さんの『女優志願殺人事件』を読みました。 腹を空かせた大貫警部を連れた井上刑事がようやく探し当てたレストランは、なんとドラマの撮影現場だった。 二人に文句を言うプロデューサーの態度に腹を立てた大貫は詐欺、恐喝、暴行罪の適用をちらつかせます。 そんな状況下でコーヒーをいれてくれたエキストラの女性に共感した大貫は、急遽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『人間消失殺人事件』

赤川次郎さんの『人間消失殺人事件』を読みました。 女子高生の南尾小百合はふとしたことから家を出て、たまたま出会った旅芸人一座と共に旅をすることに。 一方、小百合が“失踪”する直前に道を尋ねた日村修造は取調室で心臓麻痺を起こして死亡。 1年後、大貫、井上、直子の3人は旅先で偶然小百合を発見。 しかし、その場に日村の娘弥生が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『偶像崇拝殺人事件』

赤川次郎さんの『偶像崇拝殺人事件』を読みました。 ハチャメチャな言動で周りをてんてこ舞いさせる大貫警部が活躍(?)する「四字熟語殺人事件シリーズ」の16作目です。 表題作の舞台はアイドルグループのコンサート会場。 現代における偶像崇拝の象徴とも言えるアイドルを取り上げた作品になっています。 そして、最後に収められてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『狂喜乱舞殺人事件』

赤川次郎さんの『狂喜乱舞殺人事件』を読みました。 「傍若無人」、「荒唐無稽」、「厚顔無恥」、「滅茶苦茶」を絵に描いたような大貫警部とその部下井上刑事、そしてその婚約者の向井直子のトリオが活躍するこのシリーズは数ある赤川次郎さんのシリーズものの中でもお気に入りの1つです。 大貫が当てずっぽうで犯人を推理し、結局その通りになると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more