テーマ:杉原爽香

【読書】赤川次郎さんの杉原爽香シリーズを並べてみた

暇だったので、1988年から毎年新作が刊行されている、赤川次郎さんの杉原爽香シリーズを並べてみました。 このシリーズが初めて刊行されたとき、主人公の杉原爽香は15歳の中学生。 その後、毎年登場人物が1歳ずつ歳を取り、最新作の『焦茶色のナイトガウン』では、杉原爽香は47歳を迎えました。 山あり谷あり、というか、毎年トラブルに巻き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『焦茶色のナイトガウン 杉原爽香47歳の冬』

赤川次郎さんの『焦茶色のナイトガウン』を読みました。 主人公の杉原爽香が15歳、中学3年生の時にシリーズが始まり、毎年登場人物が1歳ずつ歳をとっていくという不思議な物語です。 私にとっては、年に1度、このシリーズの最新刊を読むのが年中行事のようになってしまっています。 爽香の高校の同級生・井田和紀は、妻を殺害した容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】杉原爽香シリーズ最新作のタイトルは…

毎年、登場人物が1歳ずつ歳をとっていくという不思議な話、赤川次郎さんの「杉原爽香シリーズ」最新作のタイトルがわかりました。 『焦茶色のナイトガウン 杉原爽香47歳の冬』 だそうです! 現在『女性自身』で連載中。 9月の文庫化が今から楽しみです。 焦茶色のナイトガウン 杉原爽香<47歳の冬&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『黄緑のネームプレート』

9/11に発売された赤川次郎さんの『黄緑のネームプレート』を読みました。 休みを使って発売当日に一気読みです。 爽香一家は秋になってようやくとれた休暇先で、海に浮かんでいた赤いスーツの女性を救出します。 彼女は首相お気に入りの作家・郡山との別れ話を受けての自殺だった模様。 また、郡山はテレビのニュース番組で現政権への批判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】今年の杉原爽香のタイトルは…

今年の秋に出版される「杉原爽香シリーズ」最新作のタイトルがわかりました。『黄緑のネームプレート 杉原爽香46歳の秋』だそうです! 登場人物が毎年1歳ずつ歳を重ねていくこのシリーズですが、ついに32作目となりました。んー、今から待ち遠しくてたまりません。 灰色のパラダイス: 杉原爽香〈45歳の冬〉 (光文社文庫) にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『灰色のパラダイス 杉原爽香〈45歳の冬〉』

赤川次郎さんの『灰色のパラダイス 杉原爽香〈45歳の冬〉』を読みました。 「杉原爽香シリーズ」の31作目になります。 毎年1歳ずつ登場人物が歳を重ねていくというこのシリーズですが、第1作目では15歳の中学3年生だった杉原爽香が、45歳になってしまっています。 当初は20歳まででシリーズを打ち切るということも考えておられたようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】今年の「杉原爽香シリーズ」のタイトルは!

今年もこの季節がやって来ました。 赤川次郎さんによる「杉原爽香シリーズ」最新作の発売日(9/11)です!! 私はこの日が来ると夏が終わったなぁという気になります。 毎年9月に光文社から文庫が発売され、主人公が1つずつ年齢を重ねていくという異例のシリーズもの。 15歳(中学3年生)から始まったこのシリーズも今回で31作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more