【クルマ】プジョー『リフター』の日本導入を発表

プジョーがMPV『リフター』の日本導入を発表しました。 『リフター』は両側にスライドドアを備えたトールワゴンタイプのMPVで、現行モデルは2018年のジュネーブモーターショーでデビューしています。 姉妹車はシトロエンの『ベルランゴ』。 パワートレインは最高出力130馬力、最大トルク300Nmの1.5Lターディーゼルターボエ…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】シトロエン『ベルランゴ』発表

シトロエンが日本初導入となるMPV『ベルランゴ』を2020年第3四半期に発売することを発表しました。 また、それに先立ち、特別仕様車の「デビューエディション」の予約受付を開始しました。 ボディーサイズは全長×全幅×全高=4403×1848×1844mmで、姉妹車のプジョー『リフター』とほぼ同サイズ(全高のみ-34mm)となってい…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】クラシックカーによるラリーイベント「コッパ ディ姫路」を覗いてきました

12/7~8に姫路~淡路島で開催されたクラシックカーによるラリーイベント「コッパ ディ姫路」のゴールを覗いてきました。 スタート・ゴール地点である姫路城の大手前公園に行ったのですが、14時半頃からぽつぽつと車が帰ってきて… 私はクラシックカーは詳しくないので写真を撮るのに専念していましたが、周りのクラシックカ…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】フォルクスワーゲン『Tクロス』を日本導入

11/27、フォルクスワーゲンがコンパクトSUV『Tクロス』を日本に導入しました。 『Tクロス』はフォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトなSUVとなっており、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4115×1760×1580mmということですから、スズキ『SX4 Sクロス』(同4300×1765×1575mm)の全長をさ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】J.アーチャー『運命のコイン』

ジェフリー・アーチャーの『運命のコイン』を読みました。 ソ連・レニングラードに住む青年アレクサンドルは父親を当局に惨殺され、母エレーナと共に国を捨てる決意をします。 表が出たらアメリカへ、裏が出たらイギリスへ。2人はコインに運命を託します。 物語は表が出た場合(アメリカへ向かった場合)、裏が出た場合(イギリスへ向かった場合…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定

2019-2020年度の日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定しました。 受賞したのはトヨタ『RAV4』。 トヨタ車の受賞は3代目『プリウス』以来、10年ぶりなんだとか。 その他、 インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW『3シリーズセダン』、 イノベーション部門賞:日産『スカイライン』 エモーショナル部門賞:ジープ…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】レクサス初の電気自動車『UX300e』を発表

11/22、レクサスが同ブランド初となる電気自動車『UX300e』を発表しました。 『UX300e』は同社のコンパクトクロスバー『UX』をベースに開発されており、フロントに最高出力204馬力、最大トルク300Nmのモーターを搭載しており、航続距離は400kmとなっています。 2020年以降欧州や中国で販売を開始、国内での発売…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】江戸川乱歩・松本清張 共編『推理小説作法 あなたもきっと書きたくなる』

江戸川乱歩・松本清張 共編の『推理小説作法 あなたもきっと書きたくなる』を読みました。 サブタイトルから見ると、これから推理小説を書こうとする人向けのようにも思えますが、ミステリー史やトリックの分別など、ミステリー愛読者でも楽しく読める内容となっています。 編集者から見てもわかるとおり、約半世紀の時を経て復刊された作品ですが…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】ランドローバー『ディフェンダー』の受注スタート

ランドローバーが新型『ディフェンダー』の国内受注をスタートしました。 今回、先行予約を受け付けるのは、日本市場向けに最初に生産される150台で、ショートホイールベース(3ドア)の「ディフェンダー90ローンチエディション」が計15台と、ロングホイールベース(5ドア)の「ディフェンダー110ローンチエディション」が計135台だそうです…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】シボレー『コルベット』を公開

ゼネラルモーターズ(GM)が7/18に8代目となる新型シボレー『コルベット』を発表しました。 これまでFRレイアウトを採用してきた『コルベット』ですが、8代目からついにMRレイアウトに変更されました。 全長×全幅×全高=4630×1934×1234mmというボディサイズですが乾燥重量は1530kg。 エンジンは、6.2L …
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】ボルボ『S60』がフルモデルチェンジ

ボルボのミドルサイズスポーツセダン『S60』が8年ぶりにフルモデルチェンジされました。 ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1850×1435mmで、従来モデルより全長が125mm延びている一方で、全高は45mm、全幅は15mm減少しています。 ボディーが拡大する傾向にある中、珍しいですね。 パワートレインは、2種…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】BMW新型『1シリーズ』を発売

8/29、BMWが新型『1シリーズ』を発売しました。 1番大きな変更点は駆動方式をFRからFFに変更されたことです。 最近のBMWは、FRや50:50の重量配分など、かたくなに守ってきた車作りの決まり事をあっさりと捨ててしまいますね。 メーカーからしてみれば、ユーザーは駆動方式や重量配分を見ているのではなく、車を見ているという…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】メルセデス・ベンツ『CLA』、『CLAシューティングブレーク』を発表

8/27、メルセデス・ベンツが新型『CLA』、『CLAシューティングブレーク』を発表しました。 『CLA』は、『Aクラス』、『Bクラス』と同じプラットフォームを採用したクーペで、『CLAシューティングブレーク』はそのステーションワゴンとなります。 ボディサイズは『CLA』が全長×全幅×全高=4688×1830×1439mm、…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】シボレーがGTLMクラスへの参戦を前提としたレーシングカー『コルベットC8.R』を発表

詳細はまだ明らかになっていませんが、シボレーがGTLMクラス参戦用のNEWマシン『コルベットC8.R』を発表しました。 2020年1月に米フロリダ州デイトナで開催される、デイトナ24時間で実戦デビューする予定とのことです。 【世界三大耐久レース!デイトナ24時間レース2019】 [Part1]スタート にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『迷子の花嫁』

赤川次郎さんの『迷子の花嫁』を読みました。 塚川亜由美の先輩・前田小夜子は、独身時代最後の思い出作りにと女性たちで大騒ぎ。 翌朝二日酔いの頭で目を覚ますと、隣にはカッと白目をむいた白髪の男性が。 しかし、翌日の結婚式場で小夜子は死んだはずの内山広三郎とすれ違う。 死んだはずの人間が生きていた!となれば、真っ先に疑うのは替…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】レクサスが高級ラグジュアリーヨット『LY650』を公開

9/19、レクサスがかねてから開発を行っていたラグジュアリーヨット『LY650』を公開しました。 ヨットのことは詳しくわかりませんが、パワートレインには2基の「ボルボ・ペンタIPSシステム」を搭載。“すっきりと奥深い”航走性能を実現するべく、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を組み合わせた…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】フェラーリが『ローマ』を発表

11/13、フェラーリが新型車『ローマ』を発表しました。 フロントミッドシップに積まれるエンジンは最高出力620馬力、最大トルク760Nmの3.9L V8ツインターボエンジンで、『SF90 ストラダーレ』に採用された8速DCTギアボックスと組み合わされます。 リヤウインドウには可動式のリヤスポイラーが組み込まれており、高速走…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】アルファ ロメオ初のPHV『トナーレ』の生産計画を発表

アルファ ロメオが同社初となるPHV『トナーレ』をイタリアのポミリアーノ・ダルコ工場で生産する計画を発表しました。 『トナーレ』は同社のSUV『ステルヴィオ』の下にラインナップされる小型SUVとなり、アルファ ロメオ初のPHVとなります。 PHVシステムには複数のモードが用意されていて、スロットル、ブレーキ、ステアリングレス…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】フォルクス・ワーゲン新型『ゴルフ』を発表

10/24、フォルクス・ワーゲンが8代目となる新型『ゴルフ』を発表しました。 パワートレインにはマイルドハイブリッド車を採用。最高出力110、130、150馬力のモデルが用意されています。 また、プラグインハイブリッド車もラインナップ。 非ハイブリッド車では最高出力90、110、130馬力のガソリンエンジン車と、同115と15…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】ランチパック『餃子味』

ランチパックの『餃子味』を食べました。 パンの間に餃子の餡を挟み、パンを餃子の皮に見立てているようです。 パンも餃子の皮も同じ小麦粉でできていますが、食感が違うためか少し違和感を感じました。 もう一度食べたいかと言われると微妙ですが、食べてみて良かった、面白かったと思いました。 にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more