【読書】内田康夫『歌わない笛』

内田康夫さんの『歌わない笛』を読みました。 『高千穂伝説殺人事件』でヒロインを務めた本沢千恵子が再び登場する作品です。 千恵子は『遺譜 浅見光彦最後の事件』でも三度ヒロインを務めるお馴染みの人物ですね。 音大を卒業した女性の死体が発見されますが、手に持っていたフルートの手が逆であることに気づいた千恵子は光彦に相談します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】アルファ ロメオが5年間の無償メンテナンスプログラムを提供

アルファ ロメオの話となるとついつい反応してしまいます… アルファ ロメオが2019/7/1~12/31の期間限定で5年間の無償メンテナンスプログラムの提供を始めました。 対象は2019/7/1~12/31に成約、登録されたステルヴィオ、ジュリアの2車種で、3年目の車検や毎年の12ヶ月点検はもちろん、エンジンオイルやワイパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】【読書】『レーサーズ 外伝 - Vol.2』を購入しました

『レーサーズ外伝 - Vol.2』を購入しました。 今回の特集はトヨタ『GT-One TS020』。 なんだかんだ言って、やっぱり私はトヨタ『GT-One TS020』が好きなんですよね。 トヨタ『GT-One TS020』は、その名が示すとおりGTカー、つまり市販車改造部門の車輌です。 しかしながら、当時のル・マンの市販車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】東野圭吾『名探偵の掟』

東野圭吾さんの『名探偵の掟』を読みました。 ミステリのお約束ごとをユーモラスに書いた"暴露本"とでも言えば良いでしょうか。 一歩間違えれば自分の首を絞めかねない作品ですが、非常によくできた作品だと思います。 例えば、引き立て役の警官は間違っても真犯人を暴いてしまってはいけないとか、童謡殺人では途中で犯人がわかっても、最後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】フェラーリ『F8 トリブート』を発表

フェラーリが『488GTB』の後継車種『F8 トリブート』を国内で発表しました。 『F8 トリブート』に搭載されるエンジンは3.9L V型8気筒ターボエンジンで、最高出力は720馬力、最大トルクは770Nm。 リッターあたりの出力は185馬力にもなります。 乾燥重量は『488GTB』よりも40kg軽く、0-100km/h加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】プジョー『508SW』を発売

今日はフランスの革命記念日なので、フランス車の話題でも… プジョーが『508』のステーションワゴン版『508SW』を発売しました。 ボディサイズは『508』と比べて全長が40mm長い全長×全幅×全高=4790×1860×1420mm。 パワートレインは最高出力180馬力の1.6L直4ガソリンターボエンジンと、最高出力177…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【その他】[ハーゲンダッツ]『翠~濃茶~』

ハーゲンダッツの期間限定フレーバー『翠~濃茶~』を食べました。 「濃茶」というだけあって、濃厚な緑茶の味が楽しめます。 ただ、楽しみにしていた香りはイマイチだったかなぁ。ふわっと広がる緑茶の香りを期待していただけに、ちょっと不満の残る内容でした。 35周年記念商品 【HD】ハーゲンダッツ 翠(みどり)~濃茶(こいちゃ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『美濃路殺人事件』

内田康夫さんの『美濃路殺人事件』を読みました。 岐阜県で美濃紙の取材をしていた浅見光彦は、犬山市の明治村で会社員殺害のニュースを目にしますが、その人物に見覚えが。光彦の中の悪い虫が騒ぎ始めます。 東京の宝石商月岡和夫が車内に大量の血痕を残し、現金5千万円と2億円相当の宝石と共に行方不明となる事件が2週間前に発生。明治村で殺害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】ダイハツ新型『タント』発売

7/9、ダイハツが新型『タント』を発売しました。 新型タントでは、トヨタのTNGA(Toyota New Global Architecture)を受けたダイハツの新世代の車作りの方針DNGA(Daihatstu New Global Architecture)が採用されています。 サスペンションや骨格の部品配置をゼロベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【その他】パソコンが壊れました…

我が家で使用しているパソコンは、もう5年以上になるノートパソコンなのですが、ついに壊れてしまいました… 電源を入れてログイン中に突如画面がブラックアウト。 電源Onや充電中を示すランプも点きません。 おそらくマザーボードがお亡くなりになってしまったのでしょうね… ちなみに最後にやった作業はNewノートPCの発注作業。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『天使にかける橋』

赤川次郎さんの『天使にかける橋』を読みました。 少女の姿になって天国から地上に研修に来ているマリと、地獄から成績不良で追い出され犬の姿になった悪魔のポチのコンビが繰り広げる短編が6編収められています。 2編目の『天使は見守る』の終わり方は衝撃でした。 こんな終わり方があるんだ…と、ちょっと消化不良のような、問題提起をされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【その他】サントリー天然水『うめソルティ』

サントリー天然水『うめソルティ』を飲みました。 梅のさっぱりとした甘酸っぱさにほどよい塩味。 汗をかいた後など、夏に欲しくなる1本です。 これはこの夏お世話になりそうです。 サントリー 天然水 うめソルティ 熱中症対策 540ml×24本サントリー 2019-06-18 Amazonアソシエイト にほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】メルセデス・ベンツが電気自動車『EQC』を発表

メルセデス・ベンツがSUVタイプの電気自動車『EQC』を発表しました。 前後に計2個のモーターを搭載しており、低中負荷状態では前のみ、高負荷状態では前後のモーターを駆動させます。また、そのトルク配分も可変させることで、理想的な走りを実現させています。 システムの最高出力は408馬力、最大トルクは765Nmと発表されていますが、モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『赤い雲伝説殺人事件』

内田康夫さんの『赤い雲伝説殺人事件』を読みました。 今回のヒロイン小松美保子は浅見光彦の母雪江婦人の絵画教室仲間。『遺譜 浅見光彦最後の事件』や(私はまだ読んでいませんが)『隅田川殺人事件』にも登場するキャラクターの初出作品です。 美保子が描いた絵を購入した老人が殺害され、絵が持ち去られてしまいます。 光彦は雪江から絵の捜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】今年の杉原爽香のタイトルは…

今年の秋に出版される「杉原爽香シリーズ」最新作のタイトルがわかりました。『黄緑のネームプレート 杉原爽香46歳の秋』だそうです! 登場人物が毎年1歳ずつ歳を重ねていくこのシリーズですが、ついに32作目となりました。んー、今から待ち遠しくてたまりません。 灰色のパラダイス: 杉原爽香〈45歳の冬〉 (光文社文庫) にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【その他】今年も“この日”がやって来た…

喜べば良いのか、嘆けば良いのか、今年も“この日”がやって来てしまいました。そう、誕生日です。 この歳になると「嬉しくないよ」と思うのですが、周りからは祝福のメッセージが。祝ってもらえるありがたみを感じつつ、この日を迎えることができました。特に今年はこれまでで1番つらい状況での誕生日。周囲にいる人たちのありがたみが身にしみてわかる気がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】赤川次郎『花嫁は墓地に住む』

赤川次郎さんの『花嫁は墓地に住む』を読みました。 不倫相手と密会中、夜の墓地にウェディングドレス姿の花嫁が! 塚川亜由美は親友の神田聡子と温泉旅館に行きますが、知り合いの知り合いが次々とやって来ます。 おまけに招かざる客までやって来て… 今回は殺人事件を追いかけるいつものパターンとはちょっと異質な作品に仕上がっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】ドライビンググローブを購入しました

買い換えようかなぁ、どうしようかなぁと考えていたドライビンググローブですが、やっぱりへたりが気になったので買い換えることにしました。 買ったのはAmazonでコスパの評判が良かったこちらの商品。 LEZAX(レザックス) JOYFIT ドライビンググローブ 半指羊革 黒 08Lezax(レザックス) 2011-05-26 A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】[F1]ホンダ13年ぶりの勝利

6/30に行われたF1オーストリアGPにおいて、ホンダのパワーユニットを載せるレッドブルレーシングのマックス・フェルスタッペン選手が今年初優勝を飾りました。 ホンダとしては2006年のハンガリーGP以来13年ぶりの優勝となりました。 2番手スタートのフェルスタッペン選手はスタートでスピードが乗らずに1時7番手まで後退。 タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『砂冥宮』

内田康夫さんの『砂冥宮』を読みました。 浅見光彦が取材で知り合った三浦半島の名家の当主が石川県にある安宅の関で死体で見つかった。 警察は物取りの犯行として捜査を開始しますが、光彦は顔見知りによる犯行とみて独自に捜査を開始します。 やがて事件の背景に内灘闘争が見え隠れしてきます。 内灘闘争については私もこの作品を読むまでは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more