【クルマ】[WRC]トヨタ『ヤリス』のタナク選手が3連勝

9/13~16日にWRC(世界ラリー選手権)第10戦トルコラウンドが行われ、トヨタ『ヤリスWRC』を駆るオット・タナク選手/マルティン・ヤルベオヤ選手組が優勝しました。
これでオット・タナク選手/マルティン・ヤルベオヤ選手組は第8戦フィンランドラウンド、第9戦ドイツラウンドから3連勝、第5戦アルゼンチンラウンドでの勝利と合わせて今季4勝目です。
しかも、このトルコラウンド、2位には同じくトヨタ『ヤリスWRC』を駆るヤリ-マティ・ラトバラ選手/ミイカ・アンティラ選手組が入り、トヨタは1・2フィニッシュとなりました。
昨年18年ぶりにWRCに復帰したトヨタですが、復帰後の1・2フィニッシュは初めてだとか。

2010年以来8年ぶりの開催になったトルコラウンドですが、大きな石や岩が転がるグラベル(未舗装路)に各車が苦しめられ、序盤から大荒れの展開、生き残り争いのような戦いになりました。

タナク選手はDay2終了時点でトップと31.9秒差の5位でしたが、最終日Day3に総合首位へと浮上。その後も安定した走りでトップを守りきりました。

レギュレーションの関係でこのトルコラウンドでは昨年仕様のマシンを使用することになったそうですが、そのハンデも忘れさせてくれるぐらい絶好調ですね。
これでドライバーズランキングは首位と13ポイント差の2位に浮上、マニュファクチャラーズタイトルではトヨタが1位に浮上しました。
参戦2年目ということで、まだデータをとりながら走っているところだと思いますが、今シーズンはちょっと期待しちゃいますね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック