【クルマ】[アルファ147]ドアのスイッチパネルを装飾

先日購入した中古のアルファ ロメオ『147』の運転席側ドアにあるスイッチのパネルは塗装が剥げてしまっていました。

アルファ ロメオ 147 ドア スイッチパネル

そこで、修復を試みました。
方法としては2通り考えたのですが、まずは塗装する方法。そしてもう1つはカッティングシートを貼る方法です。

息子たちと相談した結果、カーボン地のカーボンシートを貼ることになったのですが、まずは運転席から目に入らない運転席側の後部座席のパネルで練習することに。
運転席以外はウィンドウの上げ下げのスイッチ1つですので貼りやすいというのもあります。

カッティングシートは以前買っていたものを使用しましたが、今回新たに導入した秘密兵器(?)がこちら。



カッティングシートを貼る前にこれを塗っておくと接着力が格段に増します。
以前『アウトランダー』のインパネ装飾にカッティングシートを使用していた時は、夏場にシワが寄ったりすることがありましたが、それを防止できないかなぁと思って購入しました。

ただ、スイッチ部分の凹みが大きくてカッティングシートが思うように伸びてくれません。これではプライマーを使用しても仕方がないわけで…
1度すべて剥がして凹み部分と平面部分を分けて貼ることにしました。

その結果がこれなのですが…

アルファ ロメオ 147 ドア スイッチパネル


スイッチ部分の凹みが別シートになっているのはほとんどわからないでしょう?
でも、パネルの外周部の角が綺麗に貼れません…
私の腕の問題が大きいのでしょうが、垂直に数ミリ巻き込まなければならないためどれだけ熱を入れて伸ばしてもうまくいきません。
スイッチを操作しない時でも手が触れる部分なので綺麗に貼りたいのですが、やっぱり私の腕では…

そこで、パネル全体を塗装したあとで平面部分にのみカッティングシートを貼る作戦に。
その結果がこちら(今度は助手席側の後部座席)。

アルファ ロメオ 147 ドア スイッチパネル

端の方に少しシワが残っていますが、この方法が一番うまくいきそう。

ということで、残りのパネルについても塗装とカッティングシートの貼り付けを行いました。
運転席のスイッチパネルは少し手こずりましたがなんとか完成。

アルファ ロメオ 147 ドア スイッチパネル

ただ、最初にカッティングシートで全面を覆おうとした運転席の後部座席のパネルは塗装を大失敗してしまいました…
カッティングシートを貼る部分だけであれば問題ないのですが、スイッチの凹み部分まで大失敗してしまったので修正する必要があります。
カッティングシートを貼る際に塗ったプライマーを取りきれていなかったのかなぁ?
もう一度やり直したいと思いますが、車を使用する予定がありましたし、塗装用のスプレーもちょうどなくなってしまったので取りあえず現状で元に戻しておきました。

うまくいった部分、いかなかった部分がいろいろでしたが、良い経験を積めたかなぁと。
まずは失敗した部分からリベンジですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック