【クルマ】アルファ ロメオの新型SUVがジュネーブモーターショーに登場

アルファ ロメオがジュネーブモーターショーで新型コンパクトSUV『トナーレ』のコンセプトカーを発表しました。

ボディサイズなどの詳細はわかりませんが、ジープ『レネゲード』とプラットフォームを共有しているのではないかといわれている車がこれなんでしょうね。
それにしても、大胆にも新型SUVの概要を予測した翌週にコンセプトカーが発表されるなんてなんという偶然なのでしょう。
今回の発表では私の予測が合っていたかどうかはよくわかりませんが…

今回発表されたコンパクトSUVの名前は『トナーレ』で、『ステルヴィオ』同様、アルプスにある峠の名前だそうです。

特筆すべきはアルファ ロメオ初となるPHEVを搭載していること。
これに『ステルヴィオ』同様「アルファD.N.A.」と呼ばれるドライブモードが組み合わされるそうです。

ヘッドライトが薄型の3連ライトになるなど、より精悍な顔つきになっています。

発売が今から楽しみです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック