【読書】東川篤哉『完全犯罪に猫は何匹必要か?』

東川篤哉さんの『完全犯罪に猫は何匹必要か?』を読みました。

「烏賊川市シリーズ」の3作目となる作品ですが、正直このシリーズの長編作品を順位付けするならば(個人的に)1番下に来るかなぁという作品です。

それでも刺殺体に味噌汁がかけられていたりと突拍子もないトリックが織り交ぜられています。
そして最後まで読んでみるとタイトルの意味が良くわかったり…

シリーズの中で1番好みでないとは言っても、やっぱり面白いんだなぁ。


完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)
光文社
東川 篤哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック