【読書】赤川次郎『花嫁よ、永遠なれ』

赤川次郎さんの『花嫁よ、永遠なれ』を読みました。

映画好きの赤川次郎さんはプロローグの情景を思い描いてから執筆に取りかかると聞いたことがありますが、ハネムーン帰りの新郎が駅のプラットホームで逮捕される…
なんとも赤川次郎さんらしいプロローグです。

表題作の『花嫁よ、永遠なれ』と共に収められている『花嫁に明日はない』では舞台をアフリカにまで拡げています。

赤川ワールドはとどまることを知りませんね。


花嫁よ、永遠なれ (角川文庫)
KADOKAWA
2007-03-22
赤川 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック