【読書】赤川次郎『花嫁は墓地に住む』

赤川次郎さんの『花嫁は墓地に住む』を読みました。

不倫相手と密会中、夜の墓地にウェディングドレス姿の花嫁が!

塚川亜由美は親友の神田聡子と温泉旅館に行きますが、知り合いの知り合いが次々とやって来ます。
おまけに招かざる客までやって来て…

今回は殺人事件を追いかけるいつものパターンとはちょっと異質な作品に仕上がっています。


『花嫁は墓地に住む』と共に収められている『花嫁は女剣士』では、会社で内部告発して正義を貫こうとする社員と、会社を守るためには法をも犯す社員の対立が描かれています。

そして、最後に悪を裁くのは仕込み杖を操る謎の女性…

仕込み杖というと、私はどうしても「華麗なる探偵たちシリーズ」のダルタニアンを思い出してしまいます(『座頭市』ではないんだなぁ)。
久しぶりに『華麗なる探偵たち』を読みたくなってしまいました♪


花嫁は墓地に住む (実業之日本社文庫)
実業之日本社
2016-06-03
赤川 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック