【読書】赤川次郎『いつか他人になる日』

赤川次郎さんの『いつか他人になる日』を読みました。 早坂久雄ら5人は、3億円強盗に成功します。 金を均等に分けて部屋を出て行ったあとは、他人になる。それが決まり事でした。 しかし、運命のいたずらで、5人の人生が複雑に絡まり始める… 盗んだお金では幸せになれないというのが結論なのですが、赤川次郎さんらしく、それまでの展…
コメント:0

続きを読むread more