【読書】赤川次郎『天使と悪魔』

実家にあった赤川次郎本を読み直し中です。
今回は『天使と悪魔』を読みました。

ちなみに、ダン・ブラウンの同名小説とは関係ありません。

天国から研修に来た天使と、地獄から成績不良で叩き出された悪魔が、少女マリと犬のポチに姿を変えて地上に降り立ちます。
この2人(?)が活躍する「天使と悪魔シリーズ」の第1作です。


赤川次郎さんらしい、というか、その中でも傑出してユニークな主人公の設定ですが、すっとストーリーに入っていけるのはなぜなのでしょうか。
これだけ突拍子もない登場人物の設定をすると、どこかで破綻をきたしてしまいそうなものですが、最後まで面白い小説に仕立て上げられているのがすごいです。


天使と悪魔 (角川文庫)
天使と悪魔 (角川文庫)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント