【読書】東野圭吾『犯人のいない殺人の夜』

東野圭吾さんの『犯人のいない殺人の夜』を読みました。

表題作の『犯人のいない殺人の夜』を含め、7編の短編が収められています。
どの作品も比較的ストレートな展開なのですが、なぜか意外な犯人に辿り着きます。その自然なストーリーの流れがさすが。
どこか物悲しい余韻が残る結末も共通しているでしょうか。

『犯人のいない殺人の夜』はトリッキーな構成。
最後になってようやくタイトルの意味がわかるようになっています。


犯人のいない殺人の夜 新装版 (光文社文庫) - 圭吾, 東野
犯人のいない殺人の夜 新装版 (光文社文庫) - 圭吾, 東野

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント