【読書】内田康夫『博多殺人事件』

内田康夫さんの『博多殺人事件』を読みました。 博多で行われている学術調査のレポートを書くために発掘作業に加わっていた浅見は、白骨化した遺体を発見する。しばらくは探偵業に手を出したいのを堪えていた浅見だが、兄・陽一郎のところに今中という女性から電話がかかったのを機に、陽一郎からこの事件について調査するよう依頼される。 さらに、地元…
コメント:0

続きを読むread more