【読書】内田康夫『幸福の手紙』

内田康夫さんの『幸福の手紙』を読みました。 旅行案内書の編集者・中村典子のもとに「不幸の手紙」が舞い込む。その直後、取材先で一緒になった女性週刊誌の記者・長谷が殺害されてしまう。典子が最後に会った時、長谷は北海道で見た「半分の馬」のところで会った人物のことを気にしていたという。  「半分の馬」とは何なのか? 長谷が「半分の馬」を…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】メルセデス・ベンツ新型『GLA』を発売

6/25、メルセデス・ベンツがフルモデルチェンジしたコンパクトSUV『GLA』を発表し、予約受付を開始しました。 初代メルセデス・ベンツ『GLA』は2014年に発表。今回が初めてのフルモデルチェンジとなります。 ボディーサイズは全長×全幅×全高=4410×1834×1611mmで、先代より20mm短く、29mm幅広く、116…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『歌わない笛』

内田康夫さんの『歌わない笛』を読みました。 津山音大の卒業生――夏井康子が倉敷市内でフルートを手に自殺した。偶然津山音大を演奏会で訪れていた本沢千恵子は、夏井康子の遺体の写真を見てフルートを逆の手で持っていることに気がつく。五日後、康子の婚約者で津山音大の事務局に勤める戸川健介の死体が発見される。 千恵子から相談を受けた浅見は岡…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】【読書】『CAR GRAPHIC 8月号』を読みました

7/1に発売された『CAR GRAPHIC 8月号』を読みました。 実は、CAR GRAPHICの月刊誌を買うのはこれがはじめてなんですよね。 普段は図書館で気になる記事を拾い読みしたり、アーカイブ版を手に入れたりするだけだったので… それが、今回ちゃんと(?)購入したのは、アルファ ロメオの110周年特集だったか…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『怪談の道』

内田康夫さんの『怪談の道』を読みました。 動燃――動力炉・核燃料開発事業団の取材で倉吉を訪ねた浅見は、後輩の新聞記者の紹介で異父姉妹と出会う。そして、妹の大島翼から父が死んだのは殺人事件に巻き込まれたためではないかと相談を受ける。父親が遺した電話の録音テープには「カイダンの道」という言葉が遺されていた。 動燃の取材記事そっちのけ…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】[ハーゲンダッツ]『クリーミージェラート アーモンド&ミルク』

ハーゲンダッツの期間限定商品『クリーミージェラート アーモンド&ミルク』を食べました。 同時に、『クリーミージェラート ゴールデンパイン&マスカルポーネ』も発売されたのですが、まずはこちらから。 アーモンドの香ばしさと、ミルクのほのかな甘さが絶妙に組み合わさり、夏に食べたい味に仕上がっています。 食べ方としては、そ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『箱庭』

内田康夫さんの『箱庭』を読みました。 厳島神社に甚大な被害を与えた台風十九号が過ぎ去ったあと、波打ち際に一人の男性の遺体が残されていた。男は紅葉谷公園の墓地を探していたという。 二年後、浅見家では浅見の義姉・和子の様子がおかしい。浅見家の非常事態を受けて、浅見が和子の話を聞くと、「キジも鳴かずば撃たれまい」と書かれた便箋と共にセ…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】ZARDの楽曲を古い順に並べてみた

暇だったので、ZARDが発表した楽曲を小さい順に並べてみました。 バージョン違いなどまで考慮しだすと、暇つぶしの域を超えるので、楽曲名ごとの集計としています。 『Good-bye My Loneliness』(1991/2/10)  作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫  1stシングルの表題曲 『愛…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『鬼首殺人事件』

内田康夫さんの『鬼首殺人事件』を読みました。 秋田県雄勝町で行われた小町まつりの最中、小町娘たちの列に一人の老人が歩み寄り、「ギンコウノハカ……」、「オニコウベデアッタ」と言って息絶えた。浅見は村役場の商工観光課の高橋典雄と共に事件の謎に迫ろうとするが、なぜか警察庁からの待ったがかかる。表向きは自殺として処理し、極秘裡に捜査を続け…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】日産『キックス』を発売

6/30、日産が新型コンパクトSUV『キックス』を発売しました。 ボディーサイズは全長×全幅×全高=4290×1760×1610mmと、トヨタ『C-HR』より100mm短く、35mm細くなっています。 先日発表されたトヨタのコンパクトSUV『ヤリス クロス』が4180×1765×1560mmですから、この3車種が競合する形でしょ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『斎王の葬列』

内田康夫さんの『斎王の葬列』を読みました。 鈴鹿山脈特有の叩きつけるような雨が降った夜、野元末治が御古址(おこし)の森で倒れてきた鳥居の下敷きになって死亡した。 三十四年後、天皇の名代として伊勢神宮に仕える皇女・斎王をモデルにした映画のロケが行われるが、ロケ地近くで殺人事件が発生し、ロケ隊のメンバーに容疑がかかる。浅見は学友で劇…
コメント:0

続きを読むread more