【読書】内田康夫『不知火海』

内田康夫さんの『不知火海』を読みました。 雑誌編集者の坂本は、アパートの隣人・米村から木箱を預かる。一向に取りに来る気配がないため開封してしまうが、中には人間の頭蓋骨が入っていた。扱いに困った坂本は頭蓋骨を浅見に預けるが、空き巣に入られてしまう。さらに、過去に仕事を世話したことで交流深めるあるモデルの西島千恵が行方不明になってしま…
コメント:0

続きを読むread more