【読書】赤川次郎『幽霊湖畔』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。
今回は『幽霊湖畔』を読みました。

警視庁捜査一課の警部・宇野恭一と恋人で女子大生の永井夕子は、湖畔のホテルで夏休みを過ごしていた。
すると、ある朝、ボート小屋でアルバイトをしている大島和也がナイフを腹に刺した状態で浮かんでいるのが見つかった。
そこに宇野の部下の原田がやって来て、湖の真ん中に盗品の宝石が眠っていると言う。


大島和也のもとへ夜な夜な現れる不思議な女性、ボートの事故で湖に転落したきり発見されない女性…
多くの謎が、最後に一気に氷解します。
もちろん仕掛け人は夕子。
これほど事件が似合う女性も他にいないでしょう。


最近の「赤川次郎」記事
【読書】赤川次郎『三姉妹探偵団5 復讐篇』(2021.06.07)
【読書】赤川次郎『七番目の花嫁』(2021.06.04)
【読書】赤川次郎『さすらい』(2021.05.31)
【読者】赤川次郎『プロメテウスの乙女』(2021.05.30)
【読書】杉原爽香シリーズ最新作(48歳)のタイトルは…(2021.05.29)

最近の「赤川次郎」「幽霊シリーズ」記事
【読書】赤川次郎『幽霊心理学』(2021.05.10)
【読書】赤川次郎『幽霊愛好会』(2021.04.03)
【読書】赤川次郎『幽霊候補生』(2021.01.12)
【読書】赤川次郎『幽霊終着駅』(2020.12.31)
【読書】赤川次郎『幽霊列車』(2020.02.11)


赤川次郎クラシックス 幽霊湖畔 (文春文庫) - 次郎, 赤川
赤川次郎クラシックス 幽霊湖畔 (文春文庫) - 次郎, 赤川


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント