【読書】内田康夫『長野殺人事件』

内田康夫さんの『長野殺人事件』を読みました。 品川区役所で働く宇都宮直子は、税金の督促で訪れた男の家で書類が入った角封筒を預けられる。自分が死ぬまで預かっていてほしいと頼まれたのだが、本当にその男性が長野で殺害されてしまった。直子の様子を見かねた夫の正享は友人である浅見に相談を持ちかける。 事件捜査のため長野を訪れたは、「信濃の…
コメント:0

続きを読むread more