【クルマ】スバル新型『レヴォーグ』を発売

10/15、スバルが2代目となるスポーツワゴン『レヴォーグ』を発表しました。

私個人としても、今一番気になる車だけに、詳細が気になります。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4755×1795×1500mmで、フルモデルチェンジ前と比べると、65mm長く、15mm幅広くなっています。
確か『レヴォーグ』はアメリカ市場を見据えて大きくなりすぎた『レガシィ ツーリングワゴン』を反省し、日本国内で使いやすいサイズのスポーツワゴンとして生まれた車のはず。
なのに、初めてのフルモデルチェンジでこんなにもボディサイズを大きくしてしまって、大丈夫なのかな?と思ってしまいます。
私の記憶が確かなら、『レヴォーグ』が登場した2014年と現在では、日本の道路幅はほとんど変化していないと思います。
それでもまぁ、これくらいのサイズなら大きいとは言えないので、合格点の範囲内なのでしょうが。

次にパワートレインですが、最高出力177PS、最大トルク300N・mの新開発1.8L 4気筒水平対向ターボエンジンになりました。
これにCVTが組み合わされ、全車4WDとなっています。
車両重量は1550~1580kgですので、日本の道では十分な性能と言えるでしょうか。
ただ、「STI」も同じエンジンという点が気になります。
「STI」を名乗るには、少し物足りないのではないのか、というか、「STI」を買う人が同じエンジンで満足するのか?という点が気になってしまうのですが…
「STI」にはドライブモードセレクターがつくとのことですが、果たして理解が得られるのかどうか心配です。

内装で気になるのが11.6インチの巨大センターディスプレイ。
エアコンの操作などもここで一括して行うようですが、エアコン類はH/Wスイッチの方が操作しやすいと思うのですがいかがでしょう?
目を向けないでも操作できるのは断然H/Wスイッチに分があると思うのですが。
ちなみに、この11.6インチのセンターディスプレイは、アイサイトX搭載モデルでは標準装備、その他のモデルではオプションとなっているそうです。

なお、価格は310.2万円~となっています。


ニューモデル速報 第601弾 新型 レヴォーグ のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
ニューモデル速報 第601弾 新型 レヴォーグ のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント