【読書】内田康夫『黄泉から来た女』

内田康夫さんの『黄泉から来た女』を読みました。 天橋立のお膝元、宮津市役所で働く神代静香のもとを訪ねてきた女性が殺害された。 女性は静香の母と同郷の人間だったが、なぜ静香を訪ねてきたのかを聞く前の悲劇だった。 静香は絶縁状態にあるという母の実家の宿坊を偽名を使って訪ねるが、伯母に正体がバレかかってしまい、危機一髪のところで浅見…
コメント:0

続きを読むread more