【読書】内田康夫『萩殺人事件』

内田康夫さんの『萩殺人事件』を読みました。 出版社に勤める松田将明は、編集長から勧められた見合いをするため、山口県を訪れた。しかし、山口に着いて早々に、萩市市議会議員の生島一憲が殺害された事件の参考人として警察から事情聴取されてしまう。 この作品は、同時に発売された『汚れちまった道』とともに「ヤマグチ・クロス」と銘打って…
コメント:0

続きを読むread more