【クルマ】ホンダ『オデッセイ』『クラリティ』『レジェンド』の生産を年内で終了

ホンダが『オデッセイ』、『クラリティ』、『レジェンド』の3車種の生産を、年内で終了する計画であることが明らかになりました。

『オデッセイ』は、1994年に発売された初代から数えて、現在5代目。
『アコード』のプラットフォームを利用して開発した初代が、低ルーフミニバンとしてヒット。
2013年に登場した5代目では、『エリシオン』との統合モデルとなりました。
「ミニバンのホンダ」と言われた時代を象徴する車でした。

『クラリティ』は、2008年にリース販売を開始した燃料電池自動車『FCXクラリティ』がルーツ。
2016年には『クラリティ フューエル セル』として一般向けの販売が開始されました。
2018年には『クラリティ PHEV』として、プラグインハイブリッド車の国内販売がはじまっています。
環境対策車として、ホンダを牽引していくはずの車でした。

『レジェンド』は、言わずと知れたホンダのフラグシップセダン。
今年3月には、限定100台ではありますが、世界初のレベル3の自動運転機能を搭載した車としてリース販売が開始されました。
ホンダの自動運転技術を引っ張っていくはずの車だったと思うのですが…


いずれの車も、生産工場である狭山工場の閉鎖に伴い、他工場への移管は行わず、生産終了になるとのことです。


『オデッセイ』は一時期ほどの販売数はないので(と言っても、お荷物になっているような状況でもありません)、将来に向けた車種の統廃合によって斬り捨てられるのはしかたないかも知れませんが、環境対策車の急先鋒である『クラリティ フューエル セル』や、自動運転技術で世界最先端を走っている『レジェンド』を切り捨てるというのは解せません。

現モデルの生産終了であって、次モデルからは他工場での生産、とでも考えないと、腑に落ちないのですが…


最近の「ホンダ」記事
【クルマ】ホンダ『ヴェゼル』がフルモデルチェンジ(2021.04.26)
【クルマ】[私の好きなレーシングカー]ホンダ『NSX GT2』(2021.03.23)
【クルマ】ホンダ『S660』が生産終了(2021.03.17)
【クルマ】[SUPER GT]「Yogibo Drago CORSE」が始動(2021.02.23)
【クルマ】トミカにホンダ『シビック TYPE R』が登場(2021.02.20)


ニューモデル速報 第418弾 新型オデッセイのすべて - 三栄書房
ニューモデル速報 第418弾 新型オデッセイのすべて - 三栄書房

ニューモデル速報 第532弾 ホンダ クラリティ フューエル セルのすべて - 三栄書房
ニューモデル速報 第532弾 ホンダ クラリティ フューエル セルのすべて - 三栄書房

新型LEGENDのすべて―ホンダスピリット満載史上最強の「伝説」 (モーターファン別冊 ニューモデル速報 大509弾)
新型LEGENDのすべて―ホンダスピリット満載史上最強の「伝説」 (モーターファン別冊 ニューモデル速報 大509弾)


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント